ウクライナの航空工学-完全ガイド

航空セクターの業界は、専門的で儲かるキャリアの機会により、多くのエンジニアリング部門で着実かつ急速に成長しています。航空宇宙工学は、コンピューター支援設計、高度な計装および制御工学、さらには宇宙およびそれ以降の探査を奨励することにより、すべての人に何かを提供します。商用航空、防衛システム、航空機事故調査、および空港管理は、個人が冒険することを選択できるサブ分野のほんの一部です。この記事では、この分野でのキャリアを開始するために必要ないくつかの重要な側面に焦点を当てますが、最初に、この専攻が何を伴うのかを理解しましょう。

航空工学とは何ですか?

航空宇宙工学とは、地球の大気圏を通過しない空飛ぶクルマのことです。航空工学には、巨大な航空会社、軽量ヘリコプター、ドローン、ミサイル、航空機(商用および非商用)などの車両、武器システム、さまざまな飛行車両が含まれます。 。このエンジニアリング部門は、設計、建設、内部コンピューティングシステム、航空機のメンテナンスエンジニアリング、ナビゲーション、安全対策などに関係しています。それに続く学生は、熱と燃焼、推力、航空機の構造、空気力学、飛行力学などの科目の理論的および実践的なトレーニングを通じて、飛行機がどのように機能するかを学びます。

航空宇宙工学と航空宇宙工学の違い

互換的に使用する場合、航空宇宙工学と航空宇宙工学は、詳細を見るとわずかな違いがあります。後者は、地球と宇宙を表す航空工学と航空宇宙工学の両方を含む、より広い分野です。航空宇宙自体は機械工学の一部であると言えますが、現在、ロボット工学、コンピューターサイエンス、システム設計などからインスピレーションを得ています。先に述べたように、航空工学の分野は地球の大気中を飛行する航空機を扱い、宇宙工学はそれ自体を宇宙の機体に限定し、宇宙船の力学、宇宙船の設計、ジェット推進、軌道材料などの高度な研究を含みます。それにもかかわらず、多くの主題が2つの分野の間で重複しています。

なぜ私たちは航空工学を好むのですか?

航空工学は、一般に信じられていることとは異なり、航空機の設計保守の技術分野に限定されるだけでなく、現在、航空法や規制、サプライチェーン、人的資源管理、行動心理学、さらには環境やジャーナリズムなどの分野にも関連しています。それは個人が成長し続ける産業のビジネスを経験するための十分な機会を提供します。ボーイングやエアバスなどの航空機メーカーからの拡大により、自動車、防衛、コンサルティングの各セクターのオプションも検討できます。それはそれを多目的で儲かるキャリアパスにします。

スキルとコンピテンシー

航空宇宙工学業界で卓越するためには、技術的専門知識と、戦略、成長、運用、マーケティング、コストなど、ビジネスのさまざまな側面を管理するための入門知識または意欲の独特の組み合わせが必要です。さらに、インターンシップ、プロジェクト、エイズ、プログラミング言語などは非常に高く評価されており、その人のコミットメントと願望を示しています。ここにあなたがあなたの夢の仕事を着陸させるためにあなたが構築しなければならない専門的なスキルのいくつかがあります。

  • 問題を解決する
  • 迅速な決定を下す
  • 批判的な分析
  • 専門家の運動能力
  • 時間管理
  • コンピュータツール
  • 口頭および書面によるコミュニケーションスキル
  • 複数の言語[推奨]
  • リーダーシップ
  • 1つのチームとして働く
  • 協力

ウクライナの航空宇宙工学

専門名 航空工学
専門レベル BA
コースの期間 4年
使用条件 申請者は、高校の卒業証書またはそれに相当するものを持っており、数学、化学、物理学の研究対象を持っている必要があります。
試験の種類 四半期ごとの試験
授業料 毎年3500$から
入学手続き 入試なし
言語証明書 TOFELのような言語証明書なし
給与 給与スケールは月額4000$から始まります
提供された仕事  設計エンジニア、機械エンジニア、担当部門、メンテナンスエンジニア

ウクライナの航空工学シラバス

第一章 第II章
コミュニケーション英語 電子工学の基礎
数学 材料科学
物理学1 物理学2
化学 熱力学
土木工学の基礎 環境工学
力学の基礎 実用実験室
実用実験室
第III章 第4章
数学III 支払いシステム
航空機の性能 ガスタービンエンジンの基礎
機体I 機体2
1.ボディデザイン ボディデザイン2
空気力学の原理 製図技術
梁とトラス シフトパフォーマンス調査
実用実験室 実用実験室
第V章  第6章
実験的応力解析 職業倫理
航空機の安定性と制御 環境科学と工学の原則
航空機制御 経営科学
航空機のメンテナンス 航空機整備2
ミサイル推力 総合品質管理
高度な決済技術 実用実験室
オプション1 オプション2
実用実験室
第7章 第8章
緊急時の操作 航空航法制御
航空機の安全性 GPSテクノロジー
選択科目3 オプション4
世界の航空セクターقطاع ヒューマンリソース部門
プロジェクト プロジェクト
実用実験室 実用実験室

ウクライナの航空工学のカリキュラムの詳細

航空の専門分野は、計算精度、精密計装、およびエレガントなデザインのユニークなブレンドです。個人は、航空宇宙工学のさまざまな科目で適切なトレーニングを受け、コアコンセプトをしっかりと理解し、分野の多様な理解を深めることができます。以下にリストされているのは、航空宇宙工学に含まれるさまざまなトピックの要約リストです。


航空宇宙工学材料
主題シラバス
航空工学システム デザイン入門、ソリッドモデリング、
コンピューター支援シミュレーション、マイクロコントローラー、
組み込みプログラミング、信号およびセンサー、
コンピュータ支援設計、シミュレーション、および製造。
弾性波
と宇宙構造
宇宙の構造要素、
手順
および応力-ひずみシフト、軸方向荷重バー、
故障および破損の基準、
光線とトーションバーの理論。
コンピューター支援設計 エンジニアリングモデルの計算生成、
および設計パラメータ、およびスキーム
トレードオフ、有限要素モデリングと分析、
ダイナミクスと流体のコンピュータ設計。
航空機の設計 航空機の設計プロセス、航空機の極性、
高揚力装置、抗力推定、
設計速度、ファン設計、
フライトレベル
切断、航空機の構造設計、空力の柔軟性、翼のたわみ。
熱力学
気体と液体のダイナミクス
保存則、流体特性、
一次元の流れ、衝撃波と膨張、
分子的および継続的な概念、
ノズルでの流れと熱力学の法則。
流体力学 航空車両の運動方程式
、コンピュータシミュレーション
航空ビークルの場合、空飛ぶクルマのダイナミクス
制御および飛行誘導モデル。
航空機の推進力 燃焼プロセス、空気呼吸推進、ロケット推進、
前払い、
熱力学、タービンジェット、タービンプロペラ、
と原子力推進システム、そしてミサイルエンジン。
空力 基本概念、ポテンシャル流れ、リフト、
乱流、圧縮境界層、
飛行機のホイルデザイン、3Dデザインの空気力学と空気力学
高速。
機体と宇宙船 線形弾性方程式、境界値問題、
構造要素の変形:柱、棒、プレート
、など、安定力学
構造的、構造的振動および数値的方法。
航空機のダイナミクス 動的運動方程式と線形システム理論
航空機の横方向の飛行力学と安定性の派生物
と最新の計算ツール。
航空機制御 安定性分析、遅延とゼロの影響、
状態空間モデル、モニター、
二軸制御、非線形効果、
航空機および宇宙船への応用。
の有限要素
機械的および構造的分析
仮想作業力の組み合わせ、
変位に基づく線形有限要素、
トラスなどの構造物への応用、
ビーム、シェル、一般的なソリッド、および変位
半静的;
固体および構造力学 線形弾性、
境界値問題と解法の定式化、
エネルギーの方法、
薄壁のスペース構造
小さな応力弾性塑性。

シラバスには、次のような他の主題のセットも含まれています。

  • 複合材料
  • 工学物理学および化学
  • 材料科学
  • コンピュータープログラミング
  • 航空機の性能
  • 振動理論
  • 運動方程式
  • ミサイルとミサイル
  • 信頼性工学
  • 燃焼
  • 圧力分析
  • 宇宙力学
  • スマートマテリアル
  • ロボット工学
  • アビオニクス
  • 空力の柔軟性
  • 油圧コンポーネント
  • ガイダンスとナビゲーション
  • 航空機の安全とシステム
  • 人工知能
  • 製品の設計と開発

質問と回答

ウクライナで航空工学を学ぶための条件は何ですか?

申請者は17歳以上であり、高校の卒業証書またはそれに相当するものを持っている必要があり、彼の卒業証書の基本科目として次の科目を持っている必要があります:物理学、化学、数学

航空工学の卒業生はどの分野で働いていますか?

航空エンジニアは、防衛および航空業界で仕事を得ています。

ウクライナで航空工学を研究するのに最適な大学はどこですか?

ハリコフ国立航空工学大学は、ウクライナの留学生にとって最良の選択と見なされています。これは一流の公立大学であり、英語とウクライナ語の両方で学習プログラムを提供しています。また、大学には独自のフライトデッキと多くの提携ワークショップがあり、その学生のためのアプリケーション。