ウクライナの歯科

ウクライナの歯科

歯科外科の学士号(歯科の学士号)は、医学の学士号と外科の学位とともに、世界で最も人気のある二次後の医療専門分野です。口腔衛生の合併症が増加し、歯科医療に対する意識が高まるにつれ、歯科手術の卒業生は、従来の手術室から民間の歯科医院まで、さまざまな分野で働いています。特に、この専門分野は、口腔衛生の分野と、根管治療や口腔外科および顎顔面外科への入れ歯などの基本的な外科的処置について、包括的かつ実践的な理解を深めることを目的としています。ウクライナで歯学の学士号プログラムを勉強することについてもっと知るために読んでください、この主要なそして利用可能な無数の関連したキャリアオプションを提供する大学。

歯科の分野について

特に、歯科は口腔疾患の研究と治療を扱う医学の特定のサブブランチです。これには、歯のずれ、虫歯、歯垢、および多くの複雑な口腔処置の形で、歯、顎、およびその他の軟組織に関連する問題が含まれます。コルゲートが最初の歯磨き粉と歯ブラシの製造を開始した1873年以来、歯科研究と衛生は長い道のりを歩んできました。現在、整形外科、小児科、歯科、美容整形、公衆衛生歯科などの多様な医療サブフィールドに関連付けられています。市民が自分の歯の健康の価値をより意識するようになるにつれて、専門家は都市部と農村部の両方で働くことを選択できます。

ウクライナの歯科外科の学士号

歯科外科専門の学士号は、生物医学、生化学などの科目の紹介に加えて、治療手順中に従うべき歯科および治療手順の詳細について個人を訓練する5年間の専門プログラムです。一般に、大学は、解剖学、生理学、口腔生化学などの医学研究の基礎を第1段階と第2段階で開発する段階的なカリキュラムに従います。その後の学期では、学生は放射線学、行動科学、医療倫理などのトピックを追求することが奨励されています。通常、最後から2年目に含まれる候補者は、取得した概念を実践するために、患者と協力して病院環境で実習を完了する必要があります。臨床旅行、セミナー、レッスンを通じて、患者のデモンストレーション療法と監督された治療は、歯学士のカリキュラムの重要な部分を形成します。

ウクライナの歯科-完全ガイド

ウクライナの歯科で教えられた科目

歯学士プログラムの拡張された学際的な性質により、医学の分野だけに限定されないさまざまなトピックを含めることができます。さらに、集中力と選択科目のオプションは、個人の多方向の成長に役立ちます。次の表に、コースワークで期待できる一般的なトピックの一部を示します。

基本的な材料  二次科目المواد
経口薬 オーラルコミュニケーション
解剖学 社会学入門
生化学 ビジネスコンピューティング入門
歯科解剖学および組織学 ライティングスキルワークショップ
外科歯科 痛みの管理
口腔外科および顎顔面外科 批判的思考
病理学 健康政策の紹介
予防歯科 栄養と健康
手術 芸術/文化
行動科学 職業倫理
一般的な歯の健康 地域の歯科
人間の微生物学 言語
歯科材料 統計
歯茎 文化的能力
特別ケア歯科 法歯学

歯科研究の要件

申請者は17歳以上で、高校の卒業証書または同等の資格を持っている必要があります。ただし、基本科目として証明書に次の科目が含まれている必要があります。物理学、化学、生物学

最高の大学

歯科と一般医学の専門分野は、外国人学生の大多数がこれら2つの専門分野を研究するように指示されているため、ウクライナの大学にとって最大の関心事です。したがって、ウクライナには歯科と一般医学のみを専門とする私立大学があります。カルコフ国立医科大学は10年以上にわたり、ウクライナの医科大学のリストをリードしてきました。

歯学士の卒業生の未来

歯学の学士号コースの卒業生は、学術的および専門的な方向の両方で利用可能なキャリアオプションの範囲を持っています。学者を見ると、多くの人が、歯学の学士号を取得した後、修士号と博士号を取得するために、研究または高度な医学のキャリアを築こうとしています。管理と政治に傾倒している個人のグループも、歯科の学位を取得した後、MBAを取得します。たとえば、医療管理のビジネスや医療のMBAなどです。公衆衛生の修士課程は、政府やNGOで高レベルの役割を果たして健康政策の分野に参入しようとしている人にとって理想的な専攻になる可能性があります。歯科卒業生が利用できる最も著名な仕事は、次の仕事に限定されています。

  • 歯科矯正医
  • 小児歯科医
  • 補綴学
  • 口腔外科医および顎顔面外科医
  • 歯科神経スペシャリスト
  • 歯周治療専門医
  • 研究者
  • 教授/講師
  • 歯科または健康コンサルタント
  • 臨床医
  • 歯科衛生士
  • 歯科技工所の技術者歯科技工所の卒業生が働く主な分野には、病院、私立クリニック、コミュニティクリニック、外傷センター、研究所、研究機関、政府などがあります。

歯学の学士号を取得して開発されるスキル

歯科についてのしっかりした、深く、そして実際的な理解に加えて、個人はまた、実際の患者と向き合う職業で働くためのスキルセットを必要とします。これも:

  • 批判的思考と分析
  • 問題を解決する
  • 決定して下さい
  • 電気通信
  • 感情的な賢さ
  • リーダーシップ
  • 道徳的義務
  • 1つのチームとして働く
  • 状況分析
  • 高圧環境で作業する能力
  • チーム管理

歯学または他の医学コースの学士号は、カリキュラム内の主題の幅広い理解と知識、および患者の治療プロセス中にそれらを適用する能力を必要とします。したがって、適切な大学で適切なコースを選択することも大きな役割を果たします。言うまでもなく、適切なコースと大学を選択するための適切なガイダンスは、成功への道のりに大いに役立ちます。 RANウクライナチームの助けを借りてください。このチームは、ウクライナで長い歴史を持つ国際的に認定された大学のよく考えられた優れたリストを提供します。

歯学士後の専門分野

歯科外科の学士号は、ハードワークと忍耐力を必要とする名誉ある学位です。歯学の学士号は、5年間の研究と実践的なトレーニングです。しかし、歯学の学士号の終了後に生じる本当の質問:あなたは歯学の学士号の後に何をしますか?キャリアの選択肢は確かに歯学士の学生には適していますが、歯学士の後に申請できるコースはたくさんあります。これらの専攻は、特定の知識を提供し、あなたのキャリアに役立つ仕事指向のスキルの開発を支援するように設計されています。歯学士の後に最も重要な専攻を見てみましょう。

優れたプロフィールと高給でキャリアをスタートさせるには、知識を習得し、できるだけ多くのスキルを身に付けることが常に有益です。あなたが病院で働いているか、あなた自身の練習で進歩するかどうかにかかわらず、修士号はキャリアの進歩に有益であり、あなたの指定とスキルに信頼性を提供します。最高の歯科専門分野:

  • 歯科外科のマスター
  • 歯内療法および保存歯科における歯科手術のマスター
  • 小児歯科における歯科外科のマスター
  • 地域歯科における歯科外科のマスター
  • 放射線医学および口腔医学の歯科外科のマスター
  • 歯科および予防歯科における歯科手術のマスター
  • 歯科における歯科外科のマスター
  • 補綴学の歯科外科のマスター
  • 予防コミュニティ歯科における歯科手術のマスター
  • 整形外科の歯科手術のマスター
  • 口腔疾患の歯科手術のマスター
  • 微生物学および口腔病理学における歯科手術のマスター
  • 口腔医学の歯科手術のマスター
  • 公衆衛生歯科における歯科外科のマスター
  • 口腔および顎顔面外科の歯科手術のマスター
  • 義肢装具の理学修士

これらは、歯学の学士号の後に取得できる修士号プログラムの一部でした。ただし、この分野での経験を積むために博士号を取得したい場合は、次のプログラムを実行できます。

  • 口腔および顎顔面外科の哲学博士
  • 歯科保存学および歯内療法の哲学博士
  • 公衆衛生歯科の哲学博士
  • 補綴学の哲学博士
  • 口腔医学および放射線学の哲学博士
  • 歯科矯正学の哲学博士
  • 歯周病学の哲学博士
  • 歯科および予防歯科の哲学博士

これらのコースに加えて、歯科業界で利用可能な他の歯科学士課程があり、さまざまなタイプの役割に備えることができます。業界での管理タスクの準備をする歯科の学士号取得後のコースを次に示します。

  • 病院管理のMBA
  • 公衆衛生のMBA